ドクター

コンプレックスを解消しよう|ほくろ除去施術の特徴をリサーチ

悩みが解消できる

カウンセリング

事前カウンセリングが大事

美容外科で、ほくろ除去の施術を受ける女性が急増しています。そもそもほくろ(色素性母斑)とは、メラニン色素を含んでいる細胞が集まって出来たものです。ほくろには先天性のもの、後天性のものの2種類があります。大きいサイズのほくろは、外見上の特性が著しいという側面を併せ持っているのが特徴的です。特に女性の場合、自分以外の第三者からどのように見られているのかを常に意識しています。またいつの時代も、美を追い求めるという点に変わりはありません。見た目の良さを保つ為、施術を検討する女性も沢山いらっしゃるのです。ほくろは自分自身で除去する方法と、皮膚科や美容外科で除去する方法があります。なかでも注目を集めているのが、美容外科に他なりません。もぐさや除去クリームを使って、自分自身で除去しようとしてみたものの跡が残ってしまう場合があります。また再発してしまう恐れもありますので、専門家である医師の判断を仰いだ方が賢明なのです。皮膚科で除去するという選択肢もありますが、病理検査や除去を主たる目的としていますので審美性に欠けるという面を併せ持っています。美容外科の場合、保険は適用されない為費用負担がやや大きくなってしまいがちです。ですが仕上がりが非常に美しく、傷跡も目立たないというメリットがありますのでキレイな肌のままでいたいとお考えの方は是非、美容外科をお選び下さい。美容外科でほくろ除去の施術を受ける場合、気を付けたいポイントが幾つかあります。まず1つ目が、クリニック選びです。施術を成功させるか否かの「鍵」は、医師やクリニック選びにあると言っても過言ではありません。在籍している医師が、どれだけの経験や実績を積んでいるのか、必ず確認して下さい。美容外科の殆どが、公式サイトを開設しています。ですが公式サイトに、全ての情報が記載されているとは限りません。インターネット上には、まとめサイトや比較サイトがあります。第三者の客観的な意見、口コミが投稿されていますので美容外科選びの参考にして下さい。2つ目が、事前カウンセリングは必ず受けるという点です。施術を担当する医師が、事前カウンセリングを担当します。悩みや疑問、不安に感じる点があれば質問し、解決するよう努めましょう。3つ目が、アフターケアが充実している美容外科を選ぶという点です。何らかのトラブルが生じた際、アフターケアが充実している美容外科は即座に対応して下さいます。4つ目が、リスクについての説明を必ず受けるという点です。どのような施術であっても、リスクがつきものだからこそそれをどうやって回避するのか、確認しておきましょう。5つ目が、美容外科任せにしないという点です。しっかりと取り除いた後は、自分自身でアフターケアを行わなければなりません。ほくろの原因となるものの1つが、紫外線だと言われています。施術を受けた後は、表皮をバリアする力が一時的に弱まっているものです。そのような時に紫外線を浴びた場合、再発しかねません。紫外線を防ぐ為にも、徹底した日焼け止めを行う事が大切です。ストールや帽子、サングラス等でしっかりカバーするようにしましょう。