ドクター

コンプレックスを解消しよう|ほくろ除去施術の特徴をリサーチ

きれいに取ることができる

顔を触る人

状態に応じて方法を選ぶ

ほくろには、小さいものから大きいものや膨らんでいるものなどがあります。それ以外にも、色も黒いものや薄いものなどがあります。まずは、境界母斑というもので、母斑細胞が表皮真皮部分に発生するものです。この状態では比較的簡単に除去できることが多いです。それ以外に真皮内母斑は根が深いところにあります。ちなみに、単純に小さいほくろに見えるものでも、基底細胞癌の可能性もあるためしっかりと検査をしてから除去することが大切です。そのため、クリニックで所見をしてほくろの状態を判断して除去が行われます。ちなみに、方法としてはレーザーを使う方法と電気メスを使う方法などがあります。健康保険が使える場合と使えない場合があります。例えば、皮膚科で、膨らんだほくろなど病理的な理由によって行われるときには健康保険が適用されます。ほくろの種類の中で、3mm以上に膨らんだものは根が深く、年月を増すごとに大きくなる傾向になります。そのため、できるだけ早い段階で除去することが必要です。そして、除去方法としては炭酸ガスレーザーやメス切除縫合があります。その中で、メス切除縫合は6mm以上のほくろに適している方法で、確実に取り除くことができます。しかも、保険適用になることもあります。先ほどもありましたが、病理的な理由として悪性の腫瘍やメラノーマの場合に適用されます。一般的にはほくろが7mm以上になっている場合や、色に斑があったりする場合などがあります。それ以外にも、ちなみに、この場合には一般的な皮膚科で診察をしてもらうことで保険適用をすることができます。その次に、盛り上がっているほくろに関しては高周波メスや電気メスが使われます。特徴として短時間で施術が終わり、傷跡が残りにくいというメリットがあります。仕組みとしては、1cmを超えるような場合に有効的な方法で、除去しつつ傷跡も埋めていくため止血ができます。ちなみに、大きさも大きいため、数回に分けて施術されることが多いです。特に、削りすぎるとその部分がへこむこともあるので、状況を見ながら判断されます。そして、美容クリニックで多く行われるのが炭酸ガスレーザーを使う方法です。炭酸ガスレーザーは5mm以下の場合に使われる方法で、リスクが少ない方法です。仕組みとしては、レーザーを使って少しずつ表面を削っていく方法になり、費用も比較的安めになっています。例えば、2mmほどであれば7000円ほどになります。もちろん、クリニックによって料金体系が異なるので事前に調べておくことがポイントです。実際に、クリニックを選ぶときにはカウンセリングを受けてみてから判断することが大切です。特に、ほくろの種類によって異なるのですが、施術方法によって仕上がりが変わってきます。そのため、レーザー治療の経験が豊富な医師がいるところを選ぶことが重要です。それに加えて、カウンセリングの時に総額を確認します。一個単位での料金になるため、予算に応じて気になる部分を決めることも大切です。そして、アフターフォローもしっかりとしていることによって、きれいに仕上げることができます。